まぶしい緑の中(新緑浴-2)

自然林の中を歩いてきました。

さまざまな木々の葉っぱがまぶしいです^^

 

午後の日差しが強いので、さわやかな緑というよりは金色の緑です。

奥の背の高い木に、枝の先まで絡み付いたツタがとてもおもしろく、しばらく眺めていました。
きっと仲良しなのでしょう^^

 

以下、似たような写真が続きます。

わたしの好きなホオノキがたくさん。
開きたての葉っぱたちなので、触るととても柔らかいです^^

 

たくさんの日差しを浴びて、さらに大きい葉っぱになることでしょう。

 

わたしの手のひらの何倍も大きいです。

 

背の低い枝からも、大きな葉っぱ。
輝く様子はお花のようにも見えました^^

 

林の中を流れる小川。。このあたりでお昼食べても良かったな、、、。

 

ぎざぎざの葉っぱ。
葉っぱの種類を数えて歩くのも楽しいですね^^

 

もみじも。
紅葉も素晴らしいんだろうな、、計画してみようかな。

 

ホオノキに見下ろされて。
今日はたくさん見上げて歩いたので、日頃のスマホ首も少しは良くなったでしょうか笑

 

新緑の空気をたくさん吸い込んで、ため込んでいたストレスも吹き飛びました^^

 

キャンプ場や芋煮会のイメージが強かったのですが、とても自然豊か。
特に荒川上流の散策が楽しかったです、、、。

1日ではまわりきれなかったので、また訪れると思います^^

まぶしい緑の中(新緑浴-2)” への2件のフィードバック

  1. 香さん おはようございます(^^♪

    トップの、新緑の樹冠を見上げたお写真が素晴らしいです♪
    水林自然林は、イヌシデ・アカシデ・クマシデ、そしてコナラ・クリ・様々なカエデ・ホオノキと、今の時期、新緑の葉っぱがとても豊かです。

    「ぎざぎざの葉っぱ」は、マンサクの葉と思います。あそこは、流れに沿ってマンサクが多いのです。香さんは、ホオノキの葉がお好きなのですね♪ 確かに、自然観察会に参加しても、ホオノキの葉っぱは、女性の人気ナンバーワンですよ。素敵な香りも感じられますし。

    ここの自然林、新緑が萌える季節が素晴らしいということは、紅葉の風景も素晴らしいのです。これはお奨めです。さらに、初夏は初夏で、流れに沿って咲くマルバダケブキの黄色い花が美しいです。

    これからの季節、林床にはキンランやサイハイランの花なども咲きますし、運が良ければ、クリンソウやルリソウと出会えるかもしれません。そして、様々な野鳥との出会いも楽しみ(^^♪

    心がワクワクするような期待感溢れる自然林、、
    何度も通われて、楽しんでくださいね。

    1. やまがっこうさん おはようございます。
      コメントありがとうございます。

      水林自然林の新緑は、とても素晴らしいですね。
      木の種類も豊富なんですね^^図鑑片手に歩いたほうがいいかも??
      (やまがっこうさんが書いてくださった、イヌシデ、アカシデ、クマシデ、コナラは検索しておこう・・)

      マンサクの葉っぱって、あのぎざぎざの葉っぱなんですね。
      花はよく見るけれど、葉っぱを知りませんでした。勉強になります^^

      ホオノキの葉っぱは人気なんですね^^
      大きさといい、やわらかい色の葉っぱといい、目を引きますし、かわいい♪
      緑も落ち葉も、どちらも好きです^^

      6月になると、めずらしいお花が咲くとのこと、、次回行くならお花の時期に・・と考えていました。
      こちらも花の名前と写真を、ある程度覚えておこうと思います^^

      やはり紅葉も素晴らしいのですね^^
      これは期待が膨らみます。
      (たしか、以前やまがっこうさんの記事で紅葉の様子を拝見した気がします)
      ぜひ自分の目でも見に行かないと・・

      いろいろ教えていただきありがとうございます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください