八重の桜ふぶき

もう少し満開を眺めていたいなと思い再訪したところ、、すでに散り始めていました。

強い風が吹き、、

 

!!

 

八重桜ならではの、大量の桜ふぶき、、。
視界が遮られるほど。

こんなに素晴らしい景色を独占できて、、通い詰めて良かったです。。

 

独占ではありませんでした、お地蔵様たちと同じ景色を見ていました^^

 

あまりに静かなものだから、花びらの落ちる音が聞こえるのです。

(構図考えずに定点観測のような写真ばかりです笑)

 

昨晩、ずっと強風が吹き荒れていたので、ほとんど散ってしまったかな?と、翌朝に様子を見に行ってみました。

半分ほど落花せずに残っていてくれました^^

そういえば以前、早朝に訪れたとき、近所の方が
「満開も良いけど散ったあとのピンクの絨毯が、うんと綺麗なのよ」と話してくださったのを思い出しました。

ほんとその通りだと思います!

 

散っていくものもあれば、これから育つものもあり、、。

地面から見える古い根っこから若葉が伸びていました。
桜ってこんなふうに増えていくんですね。

たくさん桜を見てきたつもりが、今まで気づきもしませんでした^^;
これもまた新しい発見です。

八重の桜ふぶき” への4件のフィードバック

  1. 香さん おはようございます(^^♪

    常光寺さんの八重桜が華々しく散る風景を、初めて拝見させていただきました。

    境内なので、諸行無常をより感じますが、散華に至っても、凛とした美しさを感じますね。

    ほんと「桜ふぶき」の言葉どおりですね♪

    何年か前に、山形城のお堀一面に、散ったあとの花びらが敷きつめられている風景を目にして感動したことがございましたが、常光寺さんのピンクの絨毯も綺麗です。

    散る花弁は新芽を育てますが、香さんのお写真に「生命の輪廻」を感じました。

    御仏の教えが世代を越えて伝え継がれているように、美しい八重桜も絶えることなく生命が継がれていますね。

    香さんが常光寺様を大切に思われるからこそ、究極の美を目にする機会に恵まれたのですね♪

  2. >やまがっこうさん

    コメントありがとうございます。

    わたしもこんなにたくさん吹雪いているところを見たのは初めてでした。
    今年のいちばんの思い出になりそうです^^

    こんなに満開なのに誰もいないなんて、、と思っていましたが、もしかしたらわたしだけに見える景色かも?などと勘違いしそうなくらいぜいたくな時間をいただいた気分でした。

    霞城公園のお堀も、すばらしいですね。
    学生のころ、見てびっくりしたのを覚えています^^

    常光寺の桜が散ると、わたしの中での桜シーズンの終わりを感じてしまい、すこし寂しい気分になります。
    ですが、おっしゃるとおり、終わりではなく次の世代に引き継がれているんだなと思うと、前向きな気持ちになれました^^
    来年もまたすばらしい景色に出会えますように。

  3. ひとつのドラマを観て居るような、静かな感動が胸を過りました(*´-`)
    なんでしょうか?一瞬と永遠とがタイムスリップしたような、SF の世界に紛れ込んだような……非日常の素晴らしい世界を有難うございましたm(__)m

  4. >雀(から)さん

    コメントありがとうございます。

    わたしは現実逃避できるような写真を撮りたいと思っています。
    非日常の世界、、そのように感じていただきありがとうございます^^

    桜ふぶきって一瞬ですよね。。
    でも写真におさめることで時が止まってずっと見ていられる、、写真ならではなのかもしれません^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.