晩秋の信夫山散歩

8日ぶりの休日!でした。

おそらく今週末が紅葉めぐりの最終となりそうです。
快晴の信夫山を散歩してきました^^

20131123-1
前回訪れたときはわたしの見ごろまでもう少しだった、岩谷観音へ。
そこで、まぶしく輝く太陽を見ました。

20131123-2
磨崖仏さまの頭上と足もとに紅葉が広がっていました。
まるで磨崖仏さまを境に別々の世界が存在しているみたいで、この景色を見るのが好きなのです。

20131123-3
さらに色づいたもみじ。
ふもとである岩谷観音から、信夫山へ登っていきました。

20131123-4
信夫山の中は、黄色というよりは、黄金色でした。
背の高い木々の中を、首が痛くなるほど(笑)、上を見ながら歩いていました。

20131123-5
見上げたとき、同系色の葉っぱたちが重なっている様子を見るのが好きです。

20131123-6
木のあいだから覗く太陽が、ほんとうにまぶしかったです。

20131123-7
どこを見ても、まぶしいです・・。

20131123-8
信夫山には、たわわに実ったゆずたち♪
ほんのりさわやかな香りが漂っていました。

20131123-9
2010年に訪れたときは、ゆずを購入することができましたが、今年は売り場がありませんでした。

・・いつか、信夫山のゆずで作った、ゆず味噌おにぎりをまた食べたいです。

20131123-10
黄葉が多いなか、ふと見上げたら真っ赤な紅葉と黄葉のコラボ。
さまざまな色が混ざり合った、モザイク模様の景色が好きです^^

20131123-11
どこまでも続く、黄葉の道。

20131123-12
林の中を歩いていると、広角で集合写真を撮りたくなります。
木々が顔をよせてお話しているみたいで好きなのです^^

20131123-13
黄金の光にあてられて、とても華やかな気分に浸ることができました^^

晩秋の信夫山散歩” への6件のフィードバック

  1. 香さん、こんばんわ。

    わたしが信夫山に岩谷観音の存在を知った時はほんとうに驚きました。
    福島の中心部にこんな異次元的なものがあるとは知りませんでした。

    紅葉の木から光が出ている様は実に神々しいですね♪
    まるで神の宿る木のようです。

    磨崖仏をいたわるかのように迫る紅葉、わたしもこの景色がとても好きです。
    日頃の乾いたこころがしっとりと癒されます。

    真っ赤に色づいたもみじからの小さな光、とても可愛らしいですね♪
    とてもやさしい雰囲気です。
    ここも紅葉がピークなんですね。
    逆光に輝くもみじはやはり美しいです。

    木々に降り注ぐ光のシャワーがとても素敵です。
    ここではあらゆるものが生を楽しみ、生きることのすばらしさを見せてくれるのでしょうか。

  2. >kikiさん

    コメントありがとうございます。

    わたしも、岩谷観音を初めて見たとき、驚きました。
    別世界でした。

    午前中のきれいな空気のなかで輝く光は、とてもまぶしかったです。
    信夫山にも宿り木があったのですね^^
    磨崖仏さまは、長い間ここで雨風に耐えていらっしゃるからでしょうか、、真っ赤なもみじもまた長い間寄り添っていたのですね。
    そんなふうに改めて見かえしたら、わたしもこころがほんのりあたたかくなった気がします。

    とにかくこの日は太陽が輝いていました。
    いろんな場所から太陽が顔を覗かせてくれたので、太陽も写真に入りたいのかな・・と思っていました。
    感想いただけてうれしいです。

    光のシャワー♪たくさん浴びてきました^^
    帰宅したら、顔が少しぽかぽかしていました。
    きっとわたし日焼けしたのでしょう・・もしかしたら、紅葉たちも光をあびてぽかぽかしていたかも?
    それも生きているからこそなのでしょうね。

  3. 私も上を見上げて光と木の葉の話し合いを見るのが大好きです(^^)v
    久しく行ってない懐かしい信夫山をまるで自分が歩いたように楽しませて頂きました、有難うございますm(__)m

    信夫山のゆずは私もファンでした、、。それにつけても原発が恨めしいです、、、--;)

  4. 信夫山も紅葉の盛りになってきましたね。
    職場からお昼休みに眺める信夫山の風景も秋の彩りとなって、僕も登ってみたくなりました。

    紅葉や黄葉な樹冠を見上げたお写真、お日様を取り込んだお写真、とっても素敵です~♪ 魅入ってしまいました♪

    今の季節、林の中を歩きますと、思わず見上げてしまいますよね。
    おっしゃる通り、広角レンズで木々の集合写真を撮りたくなってしまいます。

    香さんのお写真、樹冠のさまざまな彩りが織りなして、展覧会の絵のように美しいです♪

    僕が感動したのは、上から2枚目の、青空を背景にお日様が差し込む太い樹幹を見上げたお写真、森の生命力を強く感じました。そして、ダイナミックな紅のモミジのお写真、素晴らしいですね~♪

    秋の信夫山は魅力たっぷり。そこが街中に隣り合っているという環境が嬉しいですね。

    信夫山名産の柚子は、今年も収穫できないのでしょうか。
    毎年、冬至には鍋物を柚子味で賞味して、柚子風呂に入っていました。
    柚子味噌も最高なのにね~、、、

    いつになったら信夫山の柚子が収穫できる日が来るのでしょうか。
    ほんと、原発事故のことを思うと残念でなりませんね。

  5. >雀さん

    コメントありがとうございます。

    紅葉を見上げると、わたしたちを覗き込んでお話しているようで好きなのです^^
    信夫山は、実はあまり行ったことがなくて・・お花見で混雑している山としか思っていませんでした。
    秋は静かで美しくて、すばらしいですね。
    気に入っていただけてうれしいです^^

    信夫山のゆずは、残念です。
    出荷できるようになるのはいつでしょう・・。
    わたしはやっぱり、旬の時期に地元のものを食べたいです。

  6. >やまがっこうさん

    コメントありがとうございます。

    職場から秋の信夫山を眺めることができるのは、うらやましいですね^^
    わたしならお昼休みに出かけて戻ってこなくなりそうです(笑

    見上げて撮る写真は、広角で撮ろうと決めていて、ワンパターンですが気に入っています。
    展覧会^^ありがとうございます。
    どこを見ても輝いている景色、、土曜日は最高の日でしたね。

    2枚目はわたしも気に入っています^^
    ゴーストが入りこむと、強い印象になりますね。
    秋晴れの様子を、力強いイメージで撮りたかったのです。
    その様子が伝わって良かったです。

    信夫山のゆずは、わたしも楽しみにしていたのですが・・直売していなかったので、おそらく制限されているのでしょうね。
    ゆずポンで鍋をいただいたらおいしいでしょうね♪
    お風呂もあたたまりそう。
    ゆず味噌で焼きおにぎり、田楽・・いろいろ考えていたら楽しくなりました^^
    と同時に、手に入らないという現実に直面し、悲しくもなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.