輝きの男沼

今日は風もなくお天気も良いし、男沼の紅葉はすばらしいだろうなと想像していました。
麦平のあとに寄ってみたら、期待以上にすばらしい景色を見ることができました。

陽が傾きそうなころに到着したので、あまりゆっくりできなかったのが残念・・。
わたしがあとで写真を見直すときにも思い出しやすいように、男沼を一周している感じで掲載してみました。

20131109-16
わたしの好きな晩秋の雰囲気って、濃い青色とオレンジ色の光と濃い影なのです。
それがすべて男沼にはありました。

20131109-17
まわりがだんだん冬支度をしていく中で、沼のほとりの紅葉たちは太陽の光を受けて一段と輝いていました。
空に浮いている島のよう。

20131109-18
枝の間から覗く感じが、わたしは好きです。歩いている雰囲気が出ると思うので^^

20131109-19
だいぶ陽が傾き、影が入り始めました。

20131109-20
男沼の奥深くに太陽が沈み始めました。

20131109-21
すばらしい映り込みを見せてくれた紅葉の中を歩いてみました。
わたしにも太陽があたり、輝く紅葉の一部になれた気分^^

20131109-22
やわらかい色合いの紅葉がわたしを見下ろしていました。

20131109-23
時間帯のせいかもしれませんが、ほとりを歩いている人はいませんでした。
明るい紅葉の林の中は、とても気持ち良い香りがします。
この気持ちよさは何だろう・・?と考えていたら、干したお布団の香りじゃないかな?と思いました^^

20131109-24
ゆっくり葉っぱを眺めたかったのですが・・太陽が沈むのは止められません(笑
この日の色づきは、ピークだと思います。

20131109-25
ここまでで一周^^

朝から歩き回っていたので、足が棒のようになりました(笑
夏に出かけたときより疲れた気がします・・きっと運動不足がたたったのでしょうね・・。

輝きの男沼” への4件のフィードバック

  1. 香さん、こんばんわ。

    麦平と男沼と神様は二度微笑んだのでしょうか。

    輝く男沼の紅葉のお写真、実に美しいです♪
    上下対象の映り込みもとてもきれいです。

    無風、晴天、紅葉ピーク、夕方の斜光線、そのすべてが整わないとこのような感動的なお写真にはならないと思います。
    日中の順光線ではとてもこんな感じにはなりません。

    早朝か夕方かということになりますが、夕景でこの条件を満たすのはとても難しいと思います。
    秋の夕方の斜光線は茶色っぽいと思います。
    これは紅葉の美しさを一段と引き出すものです。

    それを見抜いた香さんの感性はすばらしいです。

    空に浮いている島、影の侵入、それぞれが繊細な秋の余韻を感じさせてくれます。
    太陽が沈み始めたお写真もとても神々しいです。

  2. 香さん こんばんわ~♪

    とっても、とっても美しい、素敵な男沼のお写真に感動です♪
    青空と、湖畔の紅葉と、湖面に映る景色と、そしてなによりも紺碧の湖面の彩りがコラボレーションして、拝見していて、心が震えました。

    空が青かっただけに、湖面の紺碧が素晴らしかったですよね♪

    男沼の「ほんとうの美しさ」が表現されているお写真です♪

    そして、とっても嬉しくなりました♪
    だって、僕も、香さんが男沼湖畔を一周なされた3~4時間前に、同じコースを辿っていました。そして、同じ風景を眺めて感動していました。

    あの日に男沼を歩けて良かったですね~
    翌日からは、お天気が荒れ模様で、今日なんかは、おそらく吹雪いていたと思います。

    栂森に太陽が傾いた逆光のお写真が素晴らしいです。
    男沼の湖面には、サンロードが映ります。
    僕も、平成22年の11月に眺めました。

    そして湖畔の紅葉も最高でしたね~♪

    ところで、湖畔一周コースに、いつもとは違って折れた枝や倒れた木があったのにお気づきだったでしょうか。僕、それが気になりました。何か強い風が吹いたのですね。
    まあ、これも、森の自然的変化のシーンなのですよね。

    美しく素敵なお写真、何度も香さんのサイトにアクセスして眺めております。
    懐かしい~^^
    だって、僕も、同じアングルで撮っていました~^^

    明日か明後日あたり、僕も男沼の記事をアップしたいと思います♪

    今日はちょっと疲れました~。仕事で、伊達市霊山町と相馬市玉野の境の現場に行ってきましたが、ひととき、ものすごい吹雪でした。現場の土にはうっすらと積雪。
    土湯も雪が吹雪いているのだろうな~と思っていました。
    11月12日に吹雪に遭ったのは久しぶりです。
    路面凍結はしていませんでしたが、現場作業用のジャンパーに手袋をしていました。まんず寒かったです~

    今年は雪が早いです。
    もしかすると、紅葉に積雪のシーンが見られるかもしれませんね。

  3. >kikiさん

    コメントありがとうございます。

    ほんとう、神様は2回も微笑んでくださったみたいです^^
    麦平の帰りに、青空がもちますようにとお願いしながら下山していたので、それを叶えてくださったのだと思います。

    新緑の季節とは違う、別の魅力を感じました。
    紅葉の映り込みは今までで一番の景色で、誰もいないことをいいことに、わーー!って感動していました。

    わたしの考える秋の好きなところって、さまざまな景色が濃厚に目に映るところなんです。
    影であったり、空であったり、紅葉であったり。
    そういうものを自分の思ったとおりに撮りたいなと思っていました。
    男沼では、思っていたことが叶いました^^

    kikiさんのおっしゃるとおり、すべての条件が整った日だったようです。
    午後3時ごろに着いたので、暗くなるまでいると男沼の深い青に引き込まれてしまうと思って、1時間程度しかいることができませんでした。
    暗くなる前のわずかな時間のみ、このような景色を見せてくれていたのですね、、。
    その時間に居合わせることができて幸せでした。
    感想いただけてうれしいです。
    わたしの感性・・お褒めいただき、ありがとうございます^^
    もっと磨いていけたらな、と思います。

  4. >やまがっこうさん

    コメントありがとうございます。

    さきほど、やまがっこうさんの記事を拝見いたしました。
    自分が歩いているような気分で、楽しく拝見いたしました^^

    やはり青空の力は大きいです。
    男沼の、ほんとうの美しさはこんなにもすばらしかったのですね。
    数日たった今も、実は余韻に浸っています(笑
    写真を気に入っていただけてうれしいです^^

    土曜日が今年最後の輝きだったかもしれませんね。
    今日なんて、山が雪で白かったですもんね。

    わたしも、去年はダイヤモンド栂森を見ることができました^^
    今年は、少し、ほんの数分遅かったみたいで、栂森を超えて太陽が沈みかけたところで東側のほとりにたどり着きました。
    それでも、男沼に映りこんだ太陽は素晴らしかったです。

    おっしゃるとおり、折れた木や倒木が多かった気がします。
    これは麦平の道中も同じでした。
    麦平のほうは雷でも落ちたような、縦に裂けた木が多かったです。
    男沼は台風の影響でしょうか?
    そういった木も、長い時間をかけて自然に還るのでしょうね。

    やまがっこうさんはお仕事大変そうですね。
    これから12月になり、さらに寒くもなるし忙しくもなるかと思います。
    わたしも今週末は仕事です・・お互い無理しない程度に乗り切っていけたらいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。